建築写真の画像|内観

建築写真専門の写真家・カメラマンが撮影担当いたします。


JAPS/日本建築写真家協会正会員   公益社団法人APA/日本広告写真家協会正会員   公認/厚生労働省認定一級写真技能士







建築写真 | 外観

竣工写真 撮り方、表現方法や、建築写真におけるレンズの選択はこちらから。










※このホームページの著作権はその製作者にあり無断コピー使用することを禁止します。


竣工写真|建築写真|内観撮影|群馬スタジオ桂

一部ですが、こちらに載せている外観写真は、全て建築や住宅専門誌、広告等に使用された写真(作品)です。


画面をクリックすると拡大します。






























































































  

                      

内観撮影におけるテクニカルポイント


室内撮影における照明には、あくまで窓からの自然光、または室内固有の照明光を主光源とし、リフレクターライトやストロボ(スレーブを使用)などは補助光として、できるだけ間接的に使用した方が良いようです。
室内が間接照明などのために比較的暗いのに対し、窓からの自然光が強すぎるような場合は、窓のブラインド、シャッターやカーテンを下ろしたり角度をつけたりして自然光をさえぎったものと、ディフューズをしたり、自然光を入れたものとの多重露光によるのも一つの方法です。(現在ではRAWデータを使い画像処理等によりナチュラルに仕上げる事が可能)